Emacs

mozc.elを使う

Ubuntu 10.10にインストール
Mozcは ikoinoba-release を利用した(日本語環境セットアップヘルパではインストールしていない)

$ sudo apt-get install emacs-mozc

.emacsに以下を追加

;; (require 'mozc) or (load-file "path/to/mozc.el")
(load-file "/usr/share/emacs/site-lisp/emacs-mozc/mozc.el")
(set-language-environment "Japanese")
(setq default-input-method "japanese-mozc")
(setq mozc-candidate-style 'overlay)

;; 変換キーでIME ON
(define-key global-map [henkan]
  (lambda ()
    (interactive)
    (if current-input-method (inactivate-input-method))
    (toggle-input-method)))

;; 無変換キーでIME OFF
(define-key global-map [muhenkan]
  (lambda ()
    (interactive)
    (inactivate-input-method)))

サジェストも効いて良い感じ!


Emacs使用時にSCIMやiBusが起動してしまうのを防ぐ


コマンドラインからEmacsを起動する場合:
.zshrcに以下を追加
alias emacs='XMODIFIERS=@im=none emacs'

Gnome(Nautilusとか)からEmacsを起動する場合:
システム設定>メイン・メニュー>プログラミング>Emacs
コマンドを以下のようにする
env XMODIFIERS=@im=none /usr/bin/emacs23 %F

UnityのランチャからEmacsを起動する場合:
/usr/share/applications/emacs23.desktop のExecを以下のように変更
Exec=env XMODIFIERS=@im=none /usr/bin/emacs23 %F


Comments