Ubuntu‎ > ‎

Ubuntu Server

インストール

よく使うもの
sudo aptitude install \
zsh \
lv \
tmux
 \
keychain
 \
git
 \
tree \
ack-grep \


あと、Rubyもインストール。

ユーザ追加

sudo adduser <ユーザ名>

sudoを使えるようにする
sudo usermod -a -G sudo <ユーザ名>

設定

~/.ssh/ に鍵を置く

固定IP
sudo vi /etc/network/interfaces

auto lo
iface lo inet loopback

auto eth0
iface eth0 inet static
address 192.168.0.2
netmask 255.255.255.0
gateway 192.168.0.1

パッケージを全更新
sudo aptitude full-upgrade

シェルをzshにする
chsh -s /bin/zsh

標準エディタを変更
sudo update-alternatives --config editor

Gist


sudo gem install gist
gist --login

Homesick


sudo gem install homesick
homesick clone git@bitbucket.org:kambara/dotfiles.git
homesick symlink dotfiles

Samba

/etc/samba/smb.conf 設定
[share]
   path = /home/kambara/share
   browseable = yes
   read only = no
   guest ok = no

起動・停止は/etc/init.dのスクリプトではなく、以下のコマンドを使うようになった。
$ sudo start smbd
$ sudo stop smbd
$ sudo restart smbd

内部向けDNS

参考:
/etc/bind/ の以下のファイル当たりを設定
  • named.conf.options
  • named.conf.local
  • db.sappari.org (正引き)
  • db.192.168.0 (逆引き)
  • rndc.conf
    • rndc.key は不要。named.conf.localの中に書く。
起動・停止
$ sudo /etc/init.d/bind9 [start|stop|restart]

daemon.logでエラーが出てないかチェック
$ tail -f /var/log/daemon.log

ルーターのDHCPサーバ設定で、DNSを自前のサーバに向けるようにする。


負荷監視系のコマンド
  • システム全体
    • top:Load average、プロセス、CPU、メモリ
    • htop:見やすいtop
    • vmstat:CPU、メモリ、IOの統計
    • sar (sysstat):CPU、メモリ、IOの履歴
  • メモリ
    • free
  • IO
    • iostat (sysstat):IOの統計
    • iotop:プロセスごとのIO
  • ディスク使用量
    • df
    • du
  • その他
    • lsof:どのプロセスがどのファイル、ポートを使っているか
    • mytop:MySQL
    • netstat

その他


はまった

unzipするとファイル名が文字化け

Windowsで圧縮したzipはファイル名の文字コードがShift JISになっている。しかしUbuntu標準のunzipはShift JISでの解凍に対応していない。
Japanese Teamが提供しているunzipでは文字コードを指定できる。

Japanese TeamのPPAを利用
$ sudo aptitude install python-software-properties  ## add-apt-repositoryを使うため
$ sudo add-apt-repository ppa:japaneseteam/ppa
$ sudo aptitude update

文字コードを指定してunzip
$ unzip -O cp932 hoge.zip


Comments